コロナウイルスの影響より、企業の求人数が大きく下がることが予想されます。
転職を検討されているなら、早めに動くことをおすすめします。
参考)リーマンショック後の有効求人倍率
 
このサイトでも紹介しているレバテックキャリアマイナビエージェントなら、専任のキャリアカウンセラーが、あなたの転職活動を親身になってサポートしてくれます。
まずは両方に無料登録してから、1つのエージェントに絞るのがベスト!

1. レバテックキャリアマイナビエージェントに無料登録
2. キャリアカウンセラーと話してみる
3. より良いサポートをあなたにしてくれるサービスに絞る

非公開の求人情報だけでなく、企業ごとの面接のポイントや質問の答え方など無料で支援してもらえるので、転職を考えているなら絶対に活用していきましょう。

世間一般的に、システムエンジニア(SE)はきついと言われています。

では、何がきついのかというと、それは残業時間の多さです。

この記事では、現役のSEである私が、業界の実態とシステムエンジニアをおすすめする理由について解説します。

システムエンジニア(SE)がきついと言われている理由はピーク時の残業の多さ

システムエンジニア(SE)がきついと言われている理由は、ピーク時の残業の多さです。

システムの種類や規模にもよりますが、納期前は残業が100時間超えることも珍しくありません。

分かりやすくケーキ屋さんで例えると、12月はクリスマスシーズンのために通常よりも多くケーキを量産しなくてはならないですよね?

職種は違いますが、イベントに合わせて適切な商品の用意を求められるケーキ屋のようにシステムエンジニアにも多忙のピークとなる時期があます。

1.システムエンジニア(SE)のピーク時期は月末月初、四半期末、年度末

システムエンジニア(SE)の多忙のピークとなる時期は月末月初と四半期末、そして年度末です。

要するに節目となる時期が忙しくなる傾向となります。

その背景には先述した期間がいわゆる納期に指定されているからです。

四半期末と年度末はシステムの改善や入れ替えに丁度良いタイミングとされています。

たとえば銀行に関わるシステムは年末やゴールデンウィークといった長期休暇に行われます。

このピーク時のシステムエンジニアの残業の多さは精神的に厳しく、あまりの忙しさに家に帰る余裕すらないと知られています。

もっともピークが終われば定時での帰宅が可能です。

とはいえピーク時の残業のせいで多忙になるケースの他に、システム障害の対処に追われて忙しいケースもあります。

2.労働規制法によりシステムエンジニア(SE)長時間労働は減少傾向

ただ、残業や長時間の仕事が美徳とされていた時代ならともかく、現在は労働規制法や世間の厳しい目を恐れて、長時間残業は減少しています。

おかげ様でシステムエンジニアの仕事の環境は改善されつつあります。

働き方改革の浸透で時間や場所も自由!システムエンジニア(SE)の残業時間はさらに減少傾向

これまで多いと言われていたシステムエンジニア(SE)の残業時間ですが、システムエンジニアも働き方改革の影響を受けて、残業時間は減少傾向にあります。

具体的には、どこでも仕事ができる、出社時間は自由という様にシステムエンジニアの仕事環境が変わって来ているのです。

仕事環境の変化①:会社に行かなくても自宅で仕事ができる

システムエンジニアといっても他の職種同様に会社員なので、これまでは会社に出社して仕事をするのが一般的でした。

しかし、最近では会社に行く必要なく仕事ができる環境が整いつつあります。

いわゆるテレワークが浸透し、パソコンとインターネット環境さえあれば、自宅でも仕事が可能です。

無駄な移動時間が減りますし、静かな環境で集中して仕事ができるようになるので、生産性が向上し、結果的に残業時間の減少につながります。

ちなみに私の会社では、コロナの影響で全員テレワークになりました。

仕事環境の変化②:出社時間は自由

IT業界ではフレックス制を導入している企業が多いです。

一般的に会社は9時までに出社という様に、出社時間が決められていますが、フレックス制は出社時間は決まっていません。

現役SEの私の場合で言うと、10時くらいに出社しています。

おかげ様で、朝食はゆっくり食べれますし、満員電車も避けられるので、精神的なゆとりを感じています。

また、フレックス制なので、前日はトラブルで深夜1時まで残業をしてしまった場合でも翌日は午後2時から出社して午後5時には帰宅ということも可能になります。

働きすぎた分、翌日で調整が可能になるので、残業時間をコントロールすることができます。

これらの働き方改革にはIT環境が必要不可欠なので、自らが実践し働き方改革を提案するのもシステムエンジニアの仕事です。

きついからシステムエンジニア(SE)を目指すのをあきらめるのは間違い!スキルを付ければ転職で有利

これまでシステムエンジニア(SE)の残業時間は多いけど、減少傾向にあることを解説しましたが、他の職業と比べるとまだ高い傾向にあります。

こちらは厚生労働省が公表している平成27年の1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合を表したものです。

週60時間というと、1日当たり4時間残業している計算になります。

就業時間が9時-18時だとすると、約1割の方が22時まで仕事をしている計算になります。

ではシステムエンジニアはやめた方が良いのかというとそうではありません。

私がシステムエンジニアをおすすめする理由は3つあります。

メリット①:給料が高い

システムエンジニア(SE)の平均年収は、650万円だそうです。

サラリーマンの平均年収415万円と言われているので、200万円以上多くもらえる計算となります。

他の業種と比べて給料が高いのは残業が多いためですが、若い頃から多めにもらえる傾向にあります。

メリット②:経験とスキルを身につけていけば、食いっぱぐれることのない

IT業界というのは、個々人のノウハウや経験に依存した特性があるため、システムエンジニア(SE)がきちんと経験とスキルを身につけていけば、一生食いっぱぐれることのない職業です。

さらに、こちらは厚生労働省が公表しているIT企業におけるIT技術者数と一般企業におけるIT技術者数を表したグラフになります。

日本は世界に比べると、システムエンジニアの数は同等ですが、ITを利用する側の企業にIT技術者がまだまだ足りないことがわかります。

とくに昨今では、サイバー攻撃の増加により、セキュリティエンジニアの需要が増加しています。

企業もシステムエンジニアに頼るだけでなく、自分たちでも守らなければならないというように意識が変わって来ています。

なので、システムエンジニアはIT業界だけでなく、一般企業にも需要がある職業なのです。

メリット③:未経験でも年収1000万円を目指せる

システムエンジニア(SE)は未経験でもなることができます。

もちろん理系文系も関係ありません。

その理由は、慢性的な人材不足にあります。

経済産業省は、2020年までにセキュリティの専門性を持ったIT人材が20万人不足するという調査結果をだしています。

なので、企業は人材獲得のために未経験でも積極的に採用し、入社してからの研修や教育で一人前のシステムエンジニアに育てるという方針をとっています。

また、システムエンジニアはきつい部分もありますが、未経験のあなたでも年収1000万を目指せる数少ない職業のひとつです。

未経験ならまずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

参考⇒今すぐ技術力を身につけて年収1000万稼ぐシステムエンジニアに転職するならコチラ

【まとめ】システムエンジニアはきつい時もあるがメリットの多い職業

いかがでしたか?

この記事では、システムエンジニア(SE)は本当にきついのか解説しました。

最後に重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

・SEがきついと言われている理由はピーク時の残業の多さ
・働き方改革により残業は減少傾向
・SEは一生食いっぱぐれることのない職業

システムエンジニアは未経験であっても年収1000万円を目指せる魅力的な職業です。

こちらの【TECH::EXPERT】では未経験からエンジニアの転職をサポートしています。

自分に向いているか悩む前に、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

公式サイト⇒全額返金保証のエンジニア転職サポートはこちら

こちらも注目
現役エンジニアおすすめの転職サイト
この3つは必ず登録したい転職支援サービスです。
レバテックキャリア
運営会社 設立 拠点
レバレジーズ株式会社 2005年 全国25拠点(海外もあり)
公開求人数 対応地域 ポイント
4,000件以上 関東、関西 IT/Web系に特化
レバテックキャリアはIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、専門のアドバイザーが転職をサポート。 5,000件以上の案件からあなたに最適な案件を提案してくれるだけでなく、各社の採用ポイントを熟知した履歴書の書き方や面接対策など徹底支援。 107,000以上の利用実績を誇る転職支援サービスです。
マイナビエージェント
運営会社 設立 拠点
株式会社マイナビ 1973年 東京、新宿、横浜、札幌、福岡
公開求人数 対応地域 ポイント
非公開 関東、関西 IT/Web系に強い
doda
運営会社 設立 拠点
パーソルキャリア株式会社 2010年 全国12拠点
公開求人数 対応地域 ポイント
10万件以上 全国 年齢/経験問わず
職種、年齢、経験を問わず、10万件以上の求人からあなたに最も適したシゴトを提案してくれる転職支援サービス。 自分の経験を活かせる仕事がわからない、何から始めていいのかわからない等の不安や悩みを相談したい方にはピッタリ。 転職者満足度No.1の転職支援サービスです。
おすすめの記事