コロナウイルスの影響より、企業の求人数が大きく下がることが予想されます。
転職を検討されているなら、早めに動くことをおすすめします。
参考)リーマンショック後の有効求人倍率
 
このサイトでも紹介しているレバテックキャリアマイナビエージェントなら、専任のキャリアカウンセラーが、あなたの転職活動を親身になってサポートしてくれます。
まずは両方に無料登録してから、1つのエージェントに絞るのがベスト!

1. レバテックキャリアマイナビエージェントに無料登録
2. キャリアカウンセラーと話してみる
3. より良いサポートをあなたにしてくれるサービスに絞る

非公開の求人情報だけでなく、企業ごとの面接のポイントや質問の答え方など無料で支援してもらえるので、転職を考えているなら絶対に活用していきましょう。

テストエンジニアの仕事はきついし、単純でつまらないよと言われています。

体力的につらかったり、精神的にも大変だったりするとのコメントを見ることもあります。

実際、体が限界になってテストエンジニアの仕事を辞める人や、モチベーションがなくなってやめる人少なくありません。

この記事では、テストエンジニアの仕事がきついと言われる理由を解説します。

さらに、テストエンジニアになるために必要な資格や、知っておくべき仕事内容、年収、将来性についても解説していきます。

テストエンジニアがきつい、つまらないと言われる4つの理由

テストエンジニアの仕事がきついと言われたり、つまらないと言われたりする理由は主に4つあります。

テストエンジニアがきつい、つまらない理由
・勤務時間が長い
・業務内容が単純
・給与が低い
・トラブルが多い
一つ一つの理由について説明していきます。

テストエンジニアの仕事がきつい、つまらない理由①;勤務時間が長い

テストエンジニアは新たなプロダクトをテストしていく仕事のため、勤務時間がどうしても長くなってしまいます。

テストは開発工程の後半になるため、期間の猶予はあまりなく、何とか納期に間に合わせるために長時間働かざるを得ないことも多いです。

また、特に忙しい時期には残業が多くなりがちです。

月末月初や四半期末、そして年度末などは、特に忙しくなる時期です。

テストエンジニアの仕事がきつい、つまらない理由②;業務内容が単純

プロダクトの単体テストや結合テストは比較的単純作業になりがちです。

例えば、正しいIDとパスワードを入力するとログインできる、間違ったIDとパスワードを入力するとログインできない、5回パスワードを間違えるとロックされるなど。

また、問題を発見したらバグを修正し、それをもう一度テストしていくことを繰り返していきます。

幾つかのシステムやプログラムを組み合わせてテストをして、バグを発見する作業も比較的単純です。

これらの作業を延々と繰り返していくので、つまらないと感じてしまいがちです。

テストエンジニアの仕事がきつい、つまらない理由③;給与が低い

テストエンジニアは忙しい割には給与が低いです。

多くの企業では、テストを新人など、まだITスキルがあまり身に付いていないエンジニアに任せることも多いです。

その理由は、テストエンジニアの仕事は誰でもできる単純作業だと思われているからです。

そのため、あまり高い給与を期待することはできません。

テストエンジニアの仕事がきつい、つまらない理由④;トラブルが多い

テストエンジニアの仕事はバグやエラーを見つけることですから、トラブルが多くなります。

トラブルが発生すると納期に間に合わない事態が発生します。

「それでは納期を延ばしましょう」と言うクライアントは稀で、納期厳守で対応せざるを得ないことがほとんどです。

そうすると、何とか納期に間に合わせるために、さらに長時間労働をせざるを得ません。

そんなときの対応が大変だと思っているエンジニアも多くいます。

テストエンジニアに必要な資格や仕事内容を解説

テストエンジニアには、どのような資格が必要となるか説明します。

また、どんなやりがいのある仕事をしていくかも解説します。

①テストエンジニアに必要な資格

テストエンジニアになるのに必須の資格はありませんが、持っておくと役立つ資格は下記の通りです。

  • JSTQB認定テスト技術者資格
  • IT検証技術者認定試験(IVEC)
  • 基本情報処理技術者試験

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQB認定テスト技術者資格は、国内だけではなく海外でも認知されている資格です。

いずれは海外でも働いていきたい人におすすめです。

いくつかのレベルに分かれていて、自分がどの程度のソフトウェアのスキルを持っているかを証明しやすい資格です。

IT検証技術者認定試験(IVEC)

IT検証技術者認定試験(IVEC)はテストエンジニア向けの資格で、テストエンジニアとしてバグを見つけて解決していくスキルを養えます。

IT検証技術者認定試験(IVEC)は7つのレベルに分かれています。

数字が少なくなるほど難易度が高くなっており、レベル3より上の資格を取るにはまず下のレベルを取得していなければなりません。

基本情報処理技術者試験

基本情報処理技術者試験は、エンジニアが身につけておくべき幅広いITの知識が求められる資格です。

将来、テストエンジニアの他、ネットワークエンジニアやセキュリティエンジニア、サーバーエンジニアなど、どの職種になるにしても、まず初めに取っておくべき資格と言えますね。

最低限、1年以内には基本情報処理技術者は取得しておきたいですね。

②テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアの仕事は、IT製品やソフトウェアのテストや検証をすることです。

新しいプロダクトが正常に機能するかどうかをテストしていきます。

例えば、「次へ」をクリックしたら、画面が切り替わる、「削除」をクリックしたら選択したデータが消えるといった単純なものから、一部が停止しても継続して利用できるかなど、複数を組み合わせて実施するなど様々です。

要はプロダクトが市場に出る前に設計ミスやエラーを発見して、プロダクトの完成度を高めていく仕事です。

②-1;テストエンジニアに必要な資質:分析力

テストエンジニアの仕事は、事前に設計ミスやエラーを発見することです。

クライアントからの要求を正しく理解し、要求を満たすにはどのようなテストをするのか最適なのか、と言う観点でテストケースを作成できる必要があります。

また、テストに対して、どのような結果が出たらOKなのか正しく分析出来なければいけません。

②-2;テストエンジニアに必要な資質:ITスキル

ITスキルの中でも、プログラミングスキルを持っていることは重要です。

高度な技術は必要ありませんが、簡単なものであれば読み書きできるくらいのスキルは持ち合わせておきたいです。

というのは、プログラミングスキルを持ち合わせていることによって、テストを自動化することも可能だからです。

テストを自動化することができれば、テスト期間を短く、効率的に進めることができます。

②-3;テストエンジニアに必要な資質:正確性

テストエンジニアには、正確性も重要です。

例えば、テストの完了条件が「Aの処理は完了しました」と表示されることに対して、「処理は完了しました」と表示されたとします。

おおざっぱな人なら、これでOKといてしまうかもしれませんが、これは完了条件を満たしていないためNGです。

なので、几帳面な人が向いている職業とも言えますね。

テストエンジニアの年収とキャリアパスについて解説

続いてテストエンジニアの年収とキャリアパスについて解説します。

①テストエンジニアの平均年収は500万

テストエンジニアの年収は下記によって左右されます。

年収に左右されるもの
・経験
・スキル

どれだけの経験とスキルがあるかによって年収は変わります。

平均的な年収は500万円前後です。

まだテストエンジニアとして何の経験もない初心者の段階では、時給で1100円前後となるでしょう。

しかし、経験とスキルが上がっていき、テスト内容を設計したりバグの修正も自分でできるようになったりしていくと、900万円から1000万円の年収になることもあります。

特に安全装置などの人間の命に関わる分野のテストエンジニアは年収が高い傾向にあります。

②テストエンジニアのキャリアパスについて

ずっとテストエンジニアを続けていても、年収アップは望めません。

テストエンジニアのキャリアパスとして、プロジェクトリーダーや品質コンサルタントが挙げられます。

②-1:テストエンジニアのキャリアパス;プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーとは、システムエンジニアをとりまとめて、1つのプロジェクトを進めていく責任者です。

複数のエンジニアのトップに立つ責任の重い仕事となります。

プロジェクトリーダーになるには、ITスキルはもちろんですが、プロジェクトメンバーの他、クライアントとの折衝など、高いコミュニケーションスキルが求められます。

プロジェクトの規模にも依りますが、年収1000万を超えることも珍しくありません。

②-2:テストエンジニアのキャリアパス;品質コンサルタント

テストエンジニアから品質コンサルタントになることも可能です。

品質コンサルタントとは、システムの品質を確保したり改善したりすることです。

例えば、プログラムはもちろんのこと、設計書の曖昧な表現を指摘して修正する、テスト項目の妥当性を客観的に評価するなど、品質向上の実現に貢献することです。

プロジェクトマネジメントオフィサーと呼ばれることもあります。

品質コンサルタントも年収1000万超えることも珍しくありません。

この章のまとめ
テストエンジニアのキャリアパス
・プロジェクトリーダー
・品質コンサルタント

テストエンジニアは他のエンジニアと比べて年収が低いかもしれませんが、経験とスキルを積んでいけば着実に年収アップが望める職業です。

また、プロジェクトリーダーや品質コンサルタントになれば、年収1000万円以上もらうことも可能です。

テストエンジニアをきつい、つまらないと感じているなら、プロジェクトリーダーや品質コンサルタントを目指してみましょう。

転職支援サービスに登録しておけば、通常では募集していない求人も見ることができますよ。

もちろん、登録は無料です。

転職支援サービスの「レバテックキャリア」ならIT業界の幅広い企業に強いパイプを持ってます。

業界に精通している専任のスタッフが、徹底的にサポートしてくれるのも心強いですよね。

登録しておけば、いつでも見ることができますよ。

公式サイト⇒テストエンジニアのキャリアパスを見てみよう!無料登録はこちら

まとめ;テストエンジニアがきつい、つまらないならキャリアアップを目指そう!

この記事では、テストエンジニアがきつい、つまらないと感じる理由と年収キャリアパスについて解説しました。

最後に重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

テストエンジニアがきつい、つまらない理由
①勤務時間が長い
②業務内容が単純
③給与が低い
④トラブルが多い
テストエンジニアのキャリアパス
①プロジェクトリーダー
②品質コンサルタント

以上がこの記事の重要なポイントです。

テストエンジニアは実際に製品を触って操作することができるので、未経験でもなれる職業のひとつです。

ただ、このままテストエンジニアとして頑張っても、きつい、つまらない、年収が低いと悶々と悩んでいるなら、キャリアアップも視野に入れましょう。

ただし、場当たり的に応募しても、今より良い環境に転職できる可能性は低いです。

とくに30代以上となると、専門のエージェントによる面接対策や履歴書対策は必須です。

転職支援サービスを利用すれば、あなたのキャリアパスの相談に乗ってくれるのはもちろんのこと、面接対策から書類作成のアドバイスまで、すべて無料で実施してくれます。

非公開の求人も扱っているので、通常の求人サイトにはない好条件の案件も見つかりますよ。

今よりも良い環境を手に入れるために、転職サポートサービスを積極的に利用しましょう。

まだ転職する気はなくても、いざというときに逃げ道があるというだけでも、精神的なストレスは軽減できますよ。

公式サイト⇒5000件以上の求人からあなたに最適な案件を厳選!無料の転職支援サービスはこちら

 

こちらも注目
現役エンジニアおすすめの転職サイト
この3つは必ず登録したい転職支援サービスです。
レバテックキャリア
運営会社 設立 拠点
レバレジーズ株式会社 2005年 全国25拠点(海外もあり)
公開求人数 対応地域 ポイント
4,000件以上 関東、関西 IT/Web系に特化
レバテックキャリアはIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、専門のアドバイザーが転職をサポート。 5,000件以上の案件からあなたに最適な案件を提案してくれるだけでなく、各社の採用ポイントを熟知した履歴書の書き方や面接対策など徹底支援。 107,000以上の利用実績を誇る転職支援サービスです。
マイナビエージェント
運営会社 設立 拠点
株式会社マイナビ 1973年 東京、新宿、横浜、札幌、福岡
公開求人数 対応地域 ポイント
非公開 関東、関西 IT/Web系に強い
doda
運営会社 設立 拠点
パーソルキャリア株式会社 2010年 全国12拠点
公開求人数 対応地域 ポイント
10万件以上 全国 年齢/経験問わず
職種、年齢、経験を問わず、10万件以上の求人からあなたに最も適したシゴトを提案してくれる転職支援サービス。 自分の経験を活かせる仕事がわからない、何から始めていいのかわからない等の不安や悩みを相談したい方にはピッタリ。 転職者満足度No.1の転職支援サービスです。
おすすめの記事