コロナウイルスの影響より、企業の求人数が大きく下がることが予想されます。
転職を検討されているなら、早めに動くことをおすすめします。
参考)リーマンショック後の有効求人倍率
 
このサイトでも紹介しているレバテックキャリアマイナビエージェントなら、専任のキャリアカウンセラーが、あなたの転職活動を親身になってサポートしてくれます。
まずは両方に無料登録してから、1つのエージェントに絞るのがベスト!

1. レバテックキャリアマイナビエージェントに無料登録
2. キャリアカウンセラーと話してみる
3. より良いサポートをあなたにしてくれるサービスに絞る

非公開の求人情報だけでなく、企業ごとの面接のポイントや質問の答え方など無料で支援してもらえるので、転職を考えているなら絶対に活用していきましょう。

SESとは(システムエンジニアリングサービス)の略で、IT技術者を常駐・派遣するサービスのことです。

IT業界の闇とか人売りなど言われ続けていますが、一向になくなりません。

ここではなぜSESがなくならないのか、SESの見抜き方ややめとけと言われる理由についても解説します。

SESを避けたいあなたへ
マイナビエージェント×IT

SESがなくならない理由をユーザー側とSES業者側から解説

IT業界においてSESはなかなか無くなりません。

転職をするときには絶対にSESだけはやめておけとも言われます。

これだけ評判の悪いSESですが、未だに存在しています。

SESがなくならない理由は、ユーザー側とSES業者側で違ってきます。

まずはユーザー側の事情を3つ取り上げます。

ユーザー側の事情①;効率が良い

ユーザー側としては、SESを利用してエンジニアを一カ所に集めると、効率よく仕事を進めていけます。

自社のニーズに合ったシステム開発や運用に必要な人材を委託業者に集めてもらい、作業をしてもらえるので、無駄なく仕事を行っていけるのです。

ユーザー側の事情②;育成のコストが不要

自社でエンジニアを育成する手間とコストをかけずに、融通の利く開発や保守をやってもらえるという点も挙げられます。

育成をせずに、必要な時に必要な期間だけ、システム開発などの面倒な仕事をしてもらえる利点があるので、SESを無くせないのです。

ユーザー側の事情③;セキュリティが保たれる

今は企業のセキュリティ規制がうるさくなっています。

もし、常駐や派遣じゃなかった場合、IT技術者は自社で開発や設計を行うために、資料やデータを社外に持ち出す必要があります。

資料やデータを持ち出す場合、持ち出しの手続きや万が一セキュリティ事故を起こしてしまった際の対応が非常に面倒になってしまいます。

でも、SESであれば、持ち出す必要がなくなるので、そのようなことを考える必要がありませんので、ユーザー側にとっては好都合なのです。

続いて、SES側のなくせない3つの事情も解説しましょう。

SES業者側の事情①;要求に応えないと仕事がもらえない

IT業者は数が多いので競争が激しくなっています。

ユーザー企業からの請負を同業他社で奪い合っている状況です。

本心からはSES事業を無くしたいのですが、要求に応えないと仕事がもらえないのでやめられません。

SES業者側の事情②;安定した利益が見込める

実はSESは利益を出しやすい事業です。

エンジニアをユーザー企業へ派遣するだけで毎月安定した売上が入ってきます。

しかも、人材派遣の契約を1年や2年すると、向こう1,2年の安定した利益を見込めるのです。

SES業者側の事情③;請負開発できるほどの力が無い

自社にシステムを請負開発できるほどの力が無いこともSESから手が引けない理由です。

SESなどの常駐・派遣サービスは、委任契約です。

つまり、作業を遂行することが目的なので、期間に応じて安定した売上が入ってきます。

一方で、請負開発の場合は、完成させることが目的なので、完成させない限り売上は見込めません。

上手くいけば大きな売上が見込めますが、完成が長引き、想定以上にコストがかかってしまうといったリスクもあります。

本当は請負開発をしたいのですが、リスクを抱え込む体力が無いため、やむなくSESを事業の柱とするしかないということです。

SESは絶対にやめとけと言える4つの理由

IT業界の転職先として、SESだけは絶対にやめましょう。

なぜやめた方がいいのか、4つの理由を解説します。

①自分のキャリアがユーザー企業に左右される

自分のキャリアが派遣先のユーザー企業に左右されてしまいます。

良いIT業者に転職しても、SESで派遣されてしまうと派遣先企業で働くことになります。

どんな企業へ派遣されるかは前もってほとんど分からないですし、どのような雰囲気の職場なのかも行ってみなければ分かりません。

残業が多くて厳しい職場環境の可能性もあります。

全ての派遣先が悪い訳ではありませんが、行ってみるまでは分からないという環境は精神的に良くありません。

②決裁権がない

SESで他社で働くと決裁権がないので気をつけてください。

決裁権があるのはあくまでもユーザー企業のエンジニアです。

どんなに自分のキャリアの方が上でも、決裁権を持つのは相手企業のエンジニアなのです。

SESで働いている限りは、プロジェクトマネージャーとしてキャリアを積んでいくことはできません。

ずっと末端のプログラムを書きまくる一介のエンジニアのままになってしまいます。

③待遇が悪い

SESで働くと待遇が悪くなります。

給料は安く、キャリアを積んでいくことも難しいので、昇給の可能性もほとんどありません。

どれほど良い仕事をしようが、給料を支払うのは派遣元のIT企業です。

ユーザー企業は自社のエンジニアの方を優遇しますし、少しでも結果を出せば昇級させます。

しかも、常駐先がないときには給料が支払われないこともあります。

④人脈が作れない

SESで働き始めると人脈を作りづらいです。

常駐先でほとんどの時間を過ごすため、自社の人と顔を合わす機会もあまりありません。

1ヵ月に1回、帰社日を設けている企業もありますが、それではなかなか人脈は作れません。

また、どうしても一人で働くことになってしまうので、ノウハウが自分の頭にだけ溜まっていくのも問題です。

常駐ではなく自社で働いている場合は、エンジニア同士でノウハウを共有したり、上手くいかない場合にアドバイスをもらったりと、スキルアップの機会に恵まれますが、常駐だと自分の努力だけになってしまいがちです。

派遣先のユーザー企業で人脈を作れるかもしれないと思われるかもしれませんが、相手はお客様なので、自社の同僚の様に仲良くなるのはなかなか難しいと言えるでしょう。

SESの見抜き方を5つのポイントで

どのようにすればSESを見抜くことができるのでしょうか。

SESの見抜き方を5つのポイントで解説します。

SESの見抜き方①;ビジネスパートナーを募集している

SES事業がメインかどうかを見抜くときに役立つのが、ビジネスパートナーを募集をしている点です。

求人企業がビジネスパートナーや協賛企業を募集しているときには、SESを行っている証拠です。

IT業者にとってビジネスパートナーとはエンジニアを派遣する会社のことなのです。

SESの見抜き方②;可能勤務地のエリアが広い

募集要項をみて、可能勤務地のエリアが広いときには要注意です。

勤務地が広すぎたり曖昧だったりするときには、客先常駐させられる可能性が高くなります。

SESの見抜き方③;条件は客先に準ずるとなっている

細かな勤務条件が、客先に準ずると書いてあるところも高い確率でSESです。

昼休みの時間帯や残業が、プロジェクトや案件により異なると書かれているところも気をつけてください。

SESの見抜き方④;従業員数が多い割にオフィスが小さい

会社概要を確認し、従業員数が多い割にオフィス規模が小さいときにも注意しなければなりません。

SES事業をメインにしていると本社オフィスにほとんど人がいないので、オフィスは小さくても良いのです。

社員のほとんどは派遣先のユーザー企業で働いているからです。

まず従業員の数を見てから、地図アプリのストリートビュー機能でオフィスの大きさを確認してください。

SESの見抜き方⑤;いつも未経験者を募集している

いつも未経験者を募集しているところは、システム開発をメインにしている企業ではなく、派遣事業をメインにしています。

エンジニアとしてのスキルよりも、派遣できる人材の頭数を揃えようとしている企業です。

求人情報をチェックする度に未経験者募集を大々的に打ち出している企業は要注意です。

安易に未経験者歓迎というキーワードに反応してしまわないようにしてください。

この章のまとめ
SESの見抜き方
①ビジネスパートナーを募集している
②可能勤務地のエリアが広い
③勤務条件は客先に準ずるとなっている
④従業員数が多い割にオフィスが小さい
⑤いつも未経験者を募集している

以上が、この章のポイントです。

ただ、自分で調べるのには限界がある・面倒くさいという人は、転職支援サービスの利用がおすすめです。

転職支援サービスは、エージェントが募集企業の内情をよく知っているので、SESなのか教えてもらうこともできます。

相談したからといって転職しなければならないわけじゃないので、気になった企業があれば気軽に相談してみましょう。

参考⇒企業の労働環境をエージェントに相談するならコチラ
マイナビエージェント×IT

まとめ;SESがなくならないのは、ユーザー企業にとって効率が良いから

この記事では、SESがなくならない理由、やめとけと言える根拠、見抜き方について解説しました。

最後に重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

IT業界でSESがなくならない理由
ユーザー側:
①すぐに人材の頭数を揃えられる
②育成が不要
③セキュリティの検討が不要
SES業者側:
①需要がある
②安定した売上が見込める
③自社で請負開発ができない

以上がこの記事の重要なポイントです。

SESはスキルが身に付きにくく、給料も低いままなので、絶対におすすめしません。

SESを避けるために、転職の際はここで紹介した見抜き方を参考にしてください。

マイナビエージェントなら、求人票に記載されている型通りの情報だけでなく、労働環境など、あなたが本当に知りたい情報をエージェントが積極的に収集しています。

SESを避けるためにも積極的に転職支援サービスのを活用しましょう。

参考⇒SESを避けてIT業界に転職するならコチラ
マイナビエージェント×IT

 

こちらも注目
現役エンジニアおすすめの転職サイト
この3つは必ず登録したい転職支援サービスです。
レバテックキャリア
運営会社 設立 拠点
レバレジーズ株式会社 2005年 全国25拠点(海外もあり)
公開求人数 対応地域 ポイント
4,000件以上 関東、関西 IT/Web系に特化
レバテックキャリアはIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、専門のアドバイザーが転職をサポート。 5,000件以上の案件からあなたに最適な案件を提案してくれるだけでなく、各社の採用ポイントを熟知した履歴書の書き方や面接対策など徹底支援。 107,000以上の利用実績を誇る転職支援サービスです。
マイナビエージェント
運営会社 設立 拠点
株式会社マイナビ 1973年 東京、新宿、横浜、札幌、福岡
公開求人数 対応地域 ポイント
非公開 関東、関西 IT/Web系に強い
doda
運営会社 設立 拠点
パーソルキャリア株式会社 2010年 全国12拠点
公開求人数 対応地域 ポイント
10万件以上 全国 年齢/経験問わず
職種、年齢、経験を問わず、10万件以上の求人からあなたに最も適したシゴトを提案してくれる転職支援サービス。 自分の経験を活かせる仕事がわからない、何から始めていいのかわからない等の不安や悩みを相談したい方にはピッタリ。 転職者満足度No.1の転職支援サービスです。
おすすめの記事