コロナウイルスの影響より、企業の求人数が大きく下がることが予想されます。
転職を検討されているなら、早めに動くことをおすすめします。
参考)リーマンショック後の有効求人倍率
 
このサイトでも紹介しているレバテックキャリアマイナビエージェントなら、専任のキャリアカウンセラーが、あなたの転職活動を親身になってサポートしてくれます。
まずは両方に無料登録してから、1つのエージェントに絞るのがベスト!

1. レバテックキャリアマイナビエージェントに無料登録
2. キャリアカウンセラーと話してみる
3. より良いサポートをあなたにしてくれるサービスに絞る

非公開の求人情報だけでなく、企業ごとの面接のポイントや質問の答え方など無料で支援してもらえるので、転職を考えているなら絶対に活用していきましょう。

「社内SEなのにプログラミングできないってどうなの?」、「もうプログラミングはしたくないんだけど?」など、社内SEのスキルについて気になっている方は多いようです。

結論から言うと、プログラミングできないのは全く問題ありません。

この記事では社内SEがプログラミングできなくても問題ない理由や社内SEの苦痛や楽だと感じる点、転職のコツについても解説します。

社内SEを目指すあなたへ
マイナビエージェント×IT

 

社内SEでプログラミングできないのは問題なし

社内SEでプログラミングできないのは全く問題ありません。

なぜなら社内SEがプログラミングをすることは無いからです。

①社内SEはプログラミングをしない

社内SEは自らシステムを構築したり、プログラミングをすることはありません。(自社で開発をやっているなどの一部例外はありますが。)

ではなぜプログラミングをしないかというと、SIerと呼ばれるベンダーがやってくれるからです。

なので、社内SEでプログラミングできないというのは全く問題ないのです。

②実際プログラミングできない社内SEは多い

私自身、これまで、ベンダーとして多くの企業の情報システム部門(いわゆる社内SE)と一緒に仕事をしてきましたが、プログラミングのできる社内SEと会ったことはほとんどありません。

プログラミングのできる社内SEは、自社で開発をしていたり、ベンダーのSEから転職してきた人くらいです。

何か技術面で困ったことがあったら、ベンダーに相談するという形が成り立っているので、社内SEはプログラミングの必要性がないのです。

そのため、社内SEでプログラミングできる人も少ないのです。

社内SEに転職して苦痛に感じる点と良かったと感じる点

プログラミングをやりたくない、システムエンジニアの仕事が苦痛だから社内SEに転職したいと思う人も少なくありません。

向いていないなら転職するのは全然OKだと思います。

ただ、実際に社内SEになってみて感じるギャップについても解説します。

苦痛に感じる点①;ITリテラシーが低すぎる

社内SE、いわゆる情シス部門のITリテラシーの低さにギャップを感じる人も多いようです。

企業によっては、情シス部門はなく、総務がIT部門を担っていたり、元営業や元経理など、これまでITと直接関わらない部署から異動してきた人が社内SEとして働いているというのも珍しくありません。

元SIerからすると、「こんなこともわからないの?」という事もあります。

例えば、

社内SE
上手く表示されません。
ベンダー
ブラウザを更新してみてください。
社内SE
どうすればいいですか?
ベンダー
そんなことも説明しないとできないの?

他にも、IPアドレスの調べ方がわからない、イベントログの取得方法がわからないなど、「SEだったら当然知ってるでしょ」という様な事も一から説明しないとわかってくれないなど、想像以上にITリテラシーが低く苦痛だと感じてしまうことがあります。

苦痛に感じる点②;ITに関することは何でもお願いされる

先ほど解説したように、社内SEはITリテラシーが低いため、SIerから社内SEに転職してきた人には依存しがちになります。

「ITのプロなんだから当然知ってるよね?」、と言った感じです。

少しでも技術的なことを聞かれると、「〇〇さん(転職してきたSE)」に聞いてください等、全く知見のないアプリケーションなど、担当外のことをお願いされることもあります。

苦痛に感じる点③;ベンダーの思惑がわかってしまう

元SIerだと、ベンダーが提示した見積が高すぎたり、本当はできるのにやりたくないから技術的に無理と言っているなど、ベンダーの思惑がわかってしまいます。

間違っているなら指摘するのは正しいことなのですが、あまりにも厳しく指摘し、ベンダーから「あの人とは一緒に仕事したくない」など、煙たがられることもよくあります。

良かったと感じる点①;感謝される

先ほどITリテラシーが低すぎて苦痛と解説しましたが、逆にSIerから転職してきた社内SEは非常にITリテラシーが高い人として頼りにされているのです。

自分では当たり前だと思っていることも教えてあげると「すごい」と感謝ことも多いので、頼りにされることに生きがいを感じる人にとっては、天職と言えますね。

良かったと感じる点②;ベンダーの調整が楽

先ほどベンダーから見積もりが高すぎたり、できないと言われることがあると説明しましたが、社内SE側にも問題があることもあります。

よくあるのは、丸投げされる、要件が曖昧過ぎる、後になってこれもやって欲しいと言われるからSIer側がリスクを見ているパターンです。

一方で、元SIerで思惑が透けて見えるなら、調整も難しくありません。

要件を細かく役割分担も明確に提示してくれる、ベンダー側を一方的に責めるのでなく、きちんと事情を理解してくれる社内SEほどやりやすいものはありません。

やりにくい社内SEには請け負った範囲外のことは一切関わりたくないと思いますが、やりやすい社内SEの場合は積極的にアドバイスやいい提案をしてくれるようになります。

良かったと感じる点③;プログラミングなど面倒な仕事が不要

これまでにもプログラミングは不要と説明しましたが、ベンダーが責任をもってやってくれるので、その点は非常に楽です。

どのようなプログラムを書けばいいのか、なぜプログラムが動作しないのかなどは、社内SEは一切考える必要はありません。

プログラミングをやりたくない人にとっては、非常に大きなメリットだと言えますね。

社内SEへの転職を成功させるたった一つのコツ

ベンダーのSEを上手に使うことができれば、社内SEの仕事は楽になると言えます。

とくに元SEであれば、上手くやっていける可能性が十分にあります。

そんな社内SEへの転職を成功させる方法について解説します。

社内SEへの転職パターン①;常駐から社内SEへ

常駐していた企業に、社内SEとして転職するパターンは結構多いです。

普段から一緒に仕事をしているので、転職しても人間関係に悩まず、やっていけるのかもしれません。

ただ、理想の職場に常駐できるのは稀です。

常駐から一生抜け出せないリスクありますので、社内SEになるためだけに常駐するのは絶対にやめましょう。

社内SEへの転職パターン②;転職エージェントを活用する

エージェントを頼らずに募集先を見つけて応募するのも全然OKでしすが、転職エージェントを活用する方が効率的です。

というのは、転職エージェントは募集先の企業の面接のコツ、質問への答え方について、十分な情報を持っているからです。

また、募集企業にも頻繁に訪問しているので、募集要項ではわからない社内環境も教えてもらうことができます。

とくに、マイナビエージェントでは、社内SE専門に特化した転職のアドバイスも実施しているので、社内SEになるなら是非登録することをオススメします。

参考⇒あなたの社内SEへの転職を成功させる!無料登録はこちら
マイナビエージェント×IT

まとめ;社内SEでプログラミングできないのは全く問題なし

この記事では、社内SEがプログラミングできないのは問題ない理由と、社内SEが苦痛と感じる点、良かったと感じる点、転職のコツについて解説しました。

最後に重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

社内SEでプログラミングできないのは問題なし
①ベンダーがやってくれる
②そもそもプログラミングできる人が少ない
社内SEに転職して苦痛に感じる点
①ITリテラシーが低すぎる
②何でも頼られてしまう
③ベンダーの思惑がわかってしまう
社内SEに転職して良かった感じる点
①自分では当たり前だと思っていることでも感謝される
②ベンダーの調整が楽
③プログラミングが不要
社内SEへの転職は転職エージェントを活用すべき

以上がこの記事の重要なポイントです。

社内SEはベンダーのSEとしてやってきたが、プログラミングなどで挫折してしまった人には最適な職業だと言えます。

元SEということで、SEの気持ちもわかりますし、社内SEもITリテラシーの高い人を求めているので、非常に向いていると言えます。

マイナビエージェントでは社内SEに特化して転職支援も実施しているので、SEとしてやっていくのに疲れたら登録してみるのもおススメですよ。

実際に転職する気はなくても、いざという時に逃げ道があることで、かなり楽になりますよ。

公式サイト⇒大手から隠れた優良企業まであなたの社内SEへの転職をサポート!
マイナビエージェント×IT

 

こちらも注目
現役エンジニアおすすめの転職サイト
この3つは必ず登録したい転職支援サービスです。
レバテックキャリア
運営会社 設立 拠点
レバレジーズ株式会社 2005年 全国25拠点(海外もあり)
公開求人数 対応地域 ポイント
4,000件以上 関東、関西 IT/Web系に特化
レバテックキャリアはIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、専門のアドバイザーが転職をサポート。 5,000件以上の案件からあなたに最適な案件を提案してくれるだけでなく、各社の採用ポイントを熟知した履歴書の書き方や面接対策など徹底支援。 107,000以上の利用実績を誇る転職支援サービスです。
マイナビエージェント
運営会社 設立 拠点
株式会社マイナビ 1973年 東京、新宿、横浜、札幌、福岡
公開求人数 対応地域 ポイント
非公開 関東、関西 IT/Web系に強い
doda
運営会社 設立 拠点
パーソルキャリア株式会社 2010年 全国12拠点
公開求人数 対応地域 ポイント
10万件以上 全国 年齢/経験問わず
職種、年齢、経験を問わず、10万件以上の求人からあなたに最も適したシゴトを提案してくれる転職支援サービス。 自分の経験を活かせる仕事がわからない、何から始めていいのかわからない等の不安や悩みを相談したい方にはピッタリ。 転職者満足度No.1の転職支援サービスです。
おすすめの記事