コロナウイルスの影響より、企業の求人数が大きく下がることが予想されます。
転職を検討されているなら、早めに動くことをおすすめします。
参考)リーマンショック後の有効求人倍率
 
このサイトでも紹介しているレバテックキャリアマイナビエージェントなら、専任のキャリアカウンセラーが、あなたの転職活動を親身になってサポートしてくれます。
まずは両方に無料登録してから、1つのエージェントに絞るのがベスト!

1. レバテックキャリアマイナビエージェントに無料登録
2. キャリアカウンセラーと話してみる
3. より良いサポートをあなたにしてくれるサービスに絞る

非公開の求人情報だけでなく、企業ごとの面接のポイントや質問の答え方など無料で支援してもらえるので、転職を考えているなら絶対に活用していきましょう。

アクセンチュアはグローバルに活躍しているコンサルティング会社です。

キャリアアップに繋がる転職先として必ず名前の挙がる大手企業です。

転職の際に役立つアクセンチュアの情報だけを厳選して紹介していきます。

気になる転職の難易度や、初めての転職を成功させるためのコツなども解説します。

アクセンチュアの難易度は?失敗せず転職成功に導くたった1つのコツ

アクセンチュアへの転職は難しいのでしょうか。

この章ではアクセンチュアの転職難易度と転職を失敗せずに成功させるコツについて解説します。

【完全無料】アクセンチュアに転職希望のあなたへ

アクセンチュアの転職難易度

アクセンチュアは1953年に創業し、1962年から世界の市場をターゲットにしてコンサルティング業務を行ってきました。

各国の企業へ時代のニーズを見極めながら、事業戦略やIT化の導入をするようサポートしてきた会社です。

アクセンチュアは就職希望人気企業ランキングでTOP3に入るほど、非常に人気のある企業です。

また、NTTデータ、日立製作所、NEC、富士通といった大手ITベンダーからの転職も多く、非常に難易度が高いと言えます。

転職難易度の高いアクセンチュアですが、成功するコツがあります!

失敗せずに転職成功へ導くたった1つのコツは、転職支援サービスを利用することです。

特にレバテックキャリアという転職支援サービスをおすすめします。

初めての転職であってもレバテックキャリアを活用するなら、単独でよりグッと難易度が下がりますし、安心して転職活動ができます。

もちろん、無料で利用できますよ。

公式サイト⇒アクセンチュアの転職を成功させる転職支援サービスの登録はこちら

レバテックキャリアをおすすめする理由は3つあります。

レバテックキャリアをおすすめする3つの理由
①アクセンチュアの求人が豊富
②アクセンチュアの事情を知っているエージェントが親身にサポート
③アクセンチュア以上に良い案件がある

①アクセンチュアの求人が多い

レバテックキャリアではアクセンチュアの求人・転職を紹介しています。

実際見てみると、37件も紹介されています。

②アクセンチュアの事情を知っているエージェントが親身にサポート

レバテックキャリアのエージェントは、採用業務委託を受けているので、アクセンチュアの情報を豊富に持っています。

また、現在アクセンチュアで働いている社員たちからの情報を持っているので、アクセンチュアに転職する際の面接ポイントや質問への回答の仕方など、転職希望者が絶対に知りたいことを具体的に教えてもらうことができます。

それだけでなく、元エンジニアのエージェントが面接の練習もしてくれるので、転職の成功率がグッとアップしますよ。

③アクセンチュア以上に良い案件がある

レバテックキャリアでは非公開求人の情報も豊富に持っています。

アクセンチュア以上に良い案件があったら積極的に紹介してくれます。

自分のこれまでの経験やスキルをアクセンチュアより活かせる会社を見つけることができるかもしれませんよ。

アクセンチュアの企業情報

転職する際には、まず就職先の情報を把握しましょう。

アクセンチュアの企業情報を紹介します。

会社名 アクセンチュア株式会社
所在地 東京都港区赤坂一丁目8番1号 赤坂インターシティAIR
会社設立 1995年(創業1962年)
社員数 約15,000人(2020年6月1日時点)
事業内容 「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

 

アクセンチュアは1962年に創業し、1世界の市場をターゲットにしてコンサルティング業務を行ってきました。

各国の企業へ時代のニーズを見極めながら、事業戦略やIT化の導入をするようサポートしてきた会社です。

アクセンチュアでは主に4つの事業を展開しています。

ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」

アクセンチュアは52ヵ国、51万もの従業員が働くグローバル企業です。

アクセンチュアのビジネスは、お客様のビジネスを変革・支援し、成功に導くことです。

最近では、新型コロナウイルスから、ビジネスを再開、改革するために、デジタル化、クラウド化、セキュリティの強化などに力を入れています。

アクセンチュアの求人情報

アクセンチュアでは、主に以下の分野で求人を募集しています。

  • データアナリティクスコンサルタント
  • システムコンサルタント
  • デジタルテクノロジーアーキテクト

現在アクセンチュアが転職を受け入れている案件は、コンサルトやエンジニア向けのものが多いです。

①データアナリティクスコンサルタント

データアナリティクスコンサルタントは、ビッグデータやAIをどのように顧客企業のプロダクトへ落とし込んでいけるかをコンサルティングしていきます。

分析基盤の構築や分析結果の業務活用を経験している人におすすめの求人です。

②システムコンサルタント

システムコンサルタントは、ビジネスの変革を促す戦略企画立案から運用までのサポートを行っていきます。

ITプランニング経験が5年以上あることや、Java/Pythonを使ったシステム導入の経験が必須となります。

③デジタルテクノロジーアーキテクト

デジタルテクノロジーアーキテクトの求人は、顧客のビジネスに役立つアプリケーション開発やインフラストラクチャアーキテクチャを策定していきます。

効率が良くて使い勝手の良いシステムのアイデアを顧客に提案し、そのアイデアを導入するまでの業務を行います。

オープン系開発言語を用いたシステム開発をしたことがある技術者や、クラウドのフレームワークの整備や構築をしたことのあるエンジニアが優遇される案件です。

アクセンチュアの口コミ

転職先の企業が働きやすいのかどうかは、再就職の際に心配になるものです。

実際にアクセンチュアへ転職した人たちの口コミをみてみましょう。

①あまり外資系な感じがしない

良くも悪くも外資系特有のアバウトな感じがありません。
日本企業のようによく組織されていますし、仕事に集中できるような環境があります。
ただ日本企業のように無駄に長い会議がないのが助かります。(30代男性)

外資系ぽっく無いのも転職市場で人気のひとつではないでしょうか。

しかも無駄に長い会議が無いのは非常に魅力的ですね。

②社員の入れ替わりが激しい

外資系特有の転職がキャリアアップという考えが定着しています。

そのため社員の入れ替わりが激しいです。

転職組で入っても肩身が狭くないのは助かります。

その反面、同じプロジェクトで働いていた人がよく変わるため、コミュニケーションに苦労します。(30代男性)

転職組が多いというのはこれから転職する人にとっては良い情報ですね。

③顧客重視を徹底している

コンサルティング業務がメインな会社だけあって、顧客重視、顧客第一の精神が徹底しています。

一度コンサルティング契約を結んだら、全力でサポートしていく姿勢が全社員に共通しているのに驚きました。

社員同士も助け合いながら業務を行っていく良い雰囲気があります。(20代男性)

アクセンチュアのイメージと言えば、顧客第一主義です。

そのため、アクセンチュア=激務というのが私のイメージです。

私自身、アクセンチュアとよく一緒に仕事をすることがありましたが、当時は22時にメールしても速攻で返信が来ていました。

ただ、2017年以降は原則45時間以上は残業できないそうです。

45時間でも、平均と比べるとやや多い気はしますが、働き方改革の影響もあって、さらに減っていくのではないでしょうか。

まとめ:アクセンチュアの転職成功のコツはエージェントの利用

この記事では、アクセンチュアの転職について、転職難易度や口コミ、成功のポイントについて解説しました。

最後に、重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

主に4つの領域でサービスとソリューションを展開している
①ストラテジー & コンサルティング
②インタラクティブ
③テクノロジー
④オペレーションズ
コンサルタントやシステムエンジニアの求人が多い
外資系ぽっさが無く、転職組も多いので、肩身が狭くない
転職難易度が高く、エージェント利用が成功のコツ

以上がこの記事の重要なポイントです。

口コミなどを見ているとあまり外資系ぽっくなく、転職者も働きやすい環境であることが分かります。

非常に人気のあるアクセンチュアの転職は難易度が高いと思うかもしれません。

しかし、今回紹介したレバテックキャリアを活用するなら、転職を成功させる確率はグッと高くなります。

レバテックキャリアではアクセンチュア関連の求人情報を多く持っていますし、専任のエージェントが転職をサポートしてくれます。

1,2分のオンライン登録で簡単に利用できるサービスなので、ぜひ登録してみましょう。

公式サイト⇒転職を成功させる!|無料で利用できる転職支援サービスはこちら

こちらも注目
現役エンジニアおすすめの転職サイト
この3つは必ず登録したい転職支援サービスです。
レバテックキャリア
運営会社 設立 拠点
レバレジーズ株式会社 2005年 全国25拠点(海外もあり)
公開求人数 対応地域 ポイント
4,000件以上 関東、関西 IT/Web系に特化
レバテックキャリアはIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、専門のアドバイザーが転職をサポート。 5,000件以上の案件からあなたに最適な案件を提案してくれるだけでなく、各社の採用ポイントを熟知した履歴書の書き方や面接対策など徹底支援。 107,000以上の利用実績を誇る転職支援サービスです。
マイナビエージェント
運営会社 設立 拠点
株式会社マイナビ 1973年 東京、新宿、横浜、札幌、福岡
公開求人数 対応地域 ポイント
非公開 関東、関西 IT/Web系に強い
doda
運営会社 設立 拠点
パーソルキャリア株式会社 2010年 全国12拠点
公開求人数 対応地域 ポイント
10万件以上 全国 年齢/経験問わず
職種、年齢、経験を問わず、10万件以上の求人からあなたに最も適したシゴトを提案してくれる転職支援サービス。 自分の経験を活かせる仕事がわからない、何から始めていいのかわからない等の不安や悩みを相談したい方にはピッタリ。 転職者満足度No.1の転職支援サービスです。
おすすめの記事