コロナウイルスの影響より、企業の求人数が大きく下がることが予想されます。
転職を検討されているなら、早めに動くことをおすすめします。
参考)リーマンショック後の有効求人倍率
 
このサイトでも紹介しているレバテックキャリアマイナビエージェントなら、専任のキャリアカウンセラーが、あなたの転職活動を親身になってサポートしてくれます。
まずは両方に無料登録してから、1つのエージェントに絞るのがベスト!

1. レバテックキャリアマイナビエージェントに無料登録
2. キャリアカウンセラーと話してみる
3. より良いサポートをあなたにしてくれるサービスに絞る

非公開の求人情報だけでなく、企業ごとの面接のポイントや質問の答え方など無料で支援してもらえるので、転職を考えているなら絶対に活用していきましょう。

本記事では、ヤフーの転職難易度、転職を成功させるポイントについて解説します。

ヤフーは検索エンジンで有名になった会社で、日本でもトップクラスのポータルサイトYahoo!JAPANを運営する会社です。

オークションや不動産、ファイナンスなど様々な業種を持つ大手企業なので、働いてみたいと転職を考える人もいるでしょう。

そのため転職サイトの中でも人気物件になっており、気になる方は早めにエージェントへ相談するのがベストです。

今だと、レバテックキャリアに求人が掲載されています。

レバテックキャリアもマイナビエージェント同様に、無料で利用できる転職支援サービスなので、あなたがIT業界で活躍したい!働きたい!なら、登録しておくべきエージェントの一つです。

【完全無料】ヤフーに転職希望のあなたへ

ヤフーの転職難易度は?転職の失敗を防ぐ唯一のコツ

ヤフーは中途採用を活発に行っている企業です。

この章ではヤフーの転職難易度と転職の失敗を防ぐ唯一のコツについて解説します。

ヤフーの転職難易度

結論から言うと、ヤフーの転職難易度は非常に高いです。

理由は、知名度はもちろん、転職市場で非常に人気があるからです。

dodaの転職人気企業ランキング(出典:https://doda.jp/guide/popular/gyousyu/)のインターネット・広告・メディア部門で、ヤフーはグーグル、楽天に次いで、3位にランキングしています。

そんな転職難易度の高いヤフーですが、転職を成功のコツがあります。

ヤフーへの転職を失敗させない唯一のコツは、転職支援サービスを活用することです。

転職支援サービスを利用すれば、履歴書でのアピール方法や面接での質問対策はもちろんのこと、待遇面での交渉や日程調整まで親身にサポートしてもらうことができます。

難易度の高いヤフーであっても、IT業界に詳しい専任のアドバイザーがサポートしてくれるので、他の応募者よりもずっと有利に進めることができますよ。

とくにヤフーの転職に関しては、レバテックキャリアの利用をおすすめします。

 

レバテックキャリアをおすすめする理由は3つあります。

レバテックキャリアをおすすめする3つの理由
①ヤフーの求人を掲載している
②初めての転職でも安心
③非公開の優良案件が多い

理由①ヤフーの求人を掲載している

レバテックキャリアでヤフーの求人情報を検索すると、40件以上の求人があります。

レバテックキャリアを利用すれば、求人情報だけではわからないヤフーの情報や自己アピールの方法、面接での質問対策をサポートしてくれます。

他の応募者よりも断然有利なので、ヤフーの転職をするならレバテックキャリアの利用がおすすめです。

理由②初めての転職でも安心

転職したほうが良いのかわからない、転職活動って何から始めたらいいのかわからない、自分の市場価値がわからないといった疑問についても、アドバイザーが一対一で親身にサポートしてくれます。

他にも、履歴書の書き方や添削、面接対策のなど、初めての転職でも安心できるようにサポートしてくれます。

登録したからといって、転職を強く進めれれるわけではないので、情報収集として利用するのもおすすめですよ。

理由③非公開の優良案件が多い

レバテックキャリアには一般の求人とは異なり、非公開の求人が多くあります。

条件は厳しいですが、マッチすれば他の求人よりも遥に良い条件で転職できます。

もしかすると、ヤフーよりも良い求人情報があるかもしれませんので、ぜひ利用してみましょう。

ヤフーの企業情報|平均年収・残業時間等

転職する際には、まず就職先の情報を把握しましょう。

ヤフーの企業情報を解説します。

ヤフーの企業情報

社名 ヤフー株式会社
所在地 東京都千代田区紀尾井町1-3
会社設立 1996年1月
社員数 6,933人
事業内容 イーコマース事業、会員サービス事業、ネット上の広告事業など

 

ヤフーは2019年に持株会社体制に移行し、ヤフー株式会社からZホールディングス株式会社に社名変更しました。

日本でトップクラスのポータルサイトを運営しており、元は検索エンジンサイトでしたが、今はGoogleの検索システムを導入しています。

ヤフーはディレクトリ型の検索機能を提供しており、他にも様々な業種を行っている会社です。

ヤフーの親会社は孫正義氏が投資を行い、ソフトバンクグループに入っています。

企業のトップメッセージでは、オンライン、オフラインから得られる膨大なデータを活用することで、サービスの利便性の向上を図っているとあります。

例えば今有名なのはQRコードのPayPayがあり、政府が推進している日本のキャッシュレス化をけん引する役割をヤフーが担っています。

2019年度の実績について見てみましょう。(引用元:https://www.z-holdings.co.jp/integrated-report/performance/

2019年度 コマース事業 メディア事業
売上収益 7427億 3086億
営業利益 807億 1543億
営業利益率 10.9% 50%

 

コマース事業とはペイペイやヤフオクなどのリユース事業や、ヤフーBBなど会員向けサービスなどの収益です。

またメディア事業とはヤフージャパンのトップページ、また検索広告などの事業になります。

ポータルサイトとしての役割だけでなく、幅広い領域でサービスを展開しており、業績も安定していることが分かります。

ヤフーの平均年収と残業時間

ヤフーの平均年収は、有価証券報告書によると765万円なので、サラリーマンの平均年収よりも給与は高いと言えます。

競合他社である楽天やLINEの平均年収は、それぞれ約750万円、720万円なので、やや高めと言えるでしょう。

ヤフーの残業時間は平均27時間と、一般的なIT企業とあまり変わりませんでした。

一方で、楽天やLINEが約40時間なので、競合他社と比べると、条件が良いと言えるでしょう。

ヤフーの求人情報|中途採用・新卒の有無

ヤフーでは新卒求人制度を廃止し、30歳以下であれば新卒や中途に関わらず応募できるポテンシャル採用を導入しています。

また、30歳以上はキャリア採用として、募集を随時行っています。

採用は3つの領域に分かれています。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • ビジネス

エンジニア

エンジニアはヤフーの様々なサービスを支える基盤システムの開発や設計、運用の担当者を募集しています。

またデータを扱うデータサイエンスやサーバ構築などもこちらの領域に入ります。

エンジニアの領域は部署やプロジェクトによってかなり細かく分類されており、スキルに合った部署で働くことができます。

デザイナー

次にデザイナーですが、ネットやアプリの操作性、全体的なデザイン指針の取りまとめなどを行う担当者の募集です。

デザインのスキルだけでなく、ユーザーの行動やデータの分析も必要になってくるでしょう。

常にユーザーの行動やトレンドを意識することが大切なので、流行に敏感な人が求められています。

ビジネス

他にもヤフオクの運営や幅広い業態のクライアントへの営業活動や、コンサルティング、経理など会社全体の運用に関わるビジネスがあります。

専門分野でなく、営業や事務などを行いたい場合はこちらのビジネス領域を確認しましょう。

その他、財務やカスタマーサポートなどビジネス領域もありますが、やはりエンジニアの募集が多いようです。

ヤフーの口コミ評判|激務って本当?

次にヤフーの口コミについても確認してみましょう。

社風、年収、ライフワークバランスについて調べました。

ヤフーの口コミ評判①:風通しは良く、挑戦したいこともやらせてもらえる

  • 誰の意見でも尊重する
  • 進んで手を挙げれば任せてもらえる
  • コミュニケーションがかなりフランク

平社員から執行役員まで風通しが良い、きちんと筋が通っていれば、任せてもらえるという好意的な口コミが目立ちました。

また、若い年次からマネージャー職についたりと、意識の高い人はバリバリ仕事が出来る環境という口コミもありました。

ヤフーの口コミ評判②:年収の伸びは低い

  • 昇給額は小さく、昇給幅が狭い
  • 年1回昇給があるかないか程度で、昇給は月数千~1万
  • 成績表のように細かい評価が行われる

年収は765万円と平均よりも高めなので、不満といった口コミはあまり見られませんでした。

一方で、昇給の幅が狭いため、入社時の給与面での交渉が大事という口コミが目立ちました。

ヤフーの口コミ評判③:有給休暇が取りやすい

  • フレックスタイムなので、自由に勤務時間を調整可能
  • どこでもオフィスという制度があり、場所に縛られず仕事ができる
  • 有給は非常に取りやすい

ワークライフバランスが非常に優れていると非常に好意的な口コミが目立ちました。

会社全体でワークライフバランスを重視しているので、上司の顔色を伺うこともないとのことです。

また、有給についても、理由を聞くことをNGとしているなど徹底されているため、気軽に
取得できるそうです。

残業時間についても、45時間以上はできない等、管理が徹底されているため、激務という口コミも見られませんでした。

まとめ:ヤフーの転職成功のコツはエージェントを利用すること!

この記事ではヤフーの転職難易度、口コミ、転職に失敗しないコツについて解説しました。

最後に重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

・意欲があればバリバリと仕事が出来る環境
・ワークライフバランスが優れており、休暇も取りやすい
・昇給の幅が狭いため、入社時の給与面での交渉が大事
・難易度は高く、転職エージェントの利用が転職成功のポイント

以上がこの記事の重要なポイントです。

ヤフーは政府が推進する「日本のキャッシュレス化」をけん引している重要な企業です。

転職市場でも人気があり、難易度の高い企業のひとつです。

また、口コミでも入社時の給与面での交渉が大事という口コミが目立ちました。

給与面での交渉って自身でやるのは中々難しいですよね?

初めての転職ならなおさらです。

しかし、今回紹介したレバテックキャリアなら給与面での交渉も代わりにやってもらえるので安心です。

1,2分のオンライン登録で簡単に利用できるので、ヤフーに転職するならぜひ登録してみましょう。

公式サイト⇒レバテックキャリアの登録はこちら

こちらも注目
現役エンジニアおすすめの転職サイト
この3つは必ず登録したい転職支援サービスです。
レバテックキャリア
運営会社 設立 拠点
レバレジーズ株式会社 2005年 全国25拠点(海外もあり)
公開求人数 対応地域 ポイント
4,000件以上 関東、関西 IT/Web系に特化
レバテックキャリアはIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、専門のアドバイザーが転職をサポート。 5,000件以上の案件からあなたに最適な案件を提案してくれるだけでなく、各社の採用ポイントを熟知した履歴書の書き方や面接対策など徹底支援。 107,000以上の利用実績を誇る転職支援サービスです。
マイナビエージェント
運営会社 設立 拠点
株式会社マイナビ 1973年 東京、新宿、横浜、札幌、福岡
公開求人数 対応地域 ポイント
非公開 関東、関西 IT/Web系に強い
doda
運営会社 設立 拠点
パーソルキャリア株式会社 2010年 全国12拠点
公開求人数 対応地域 ポイント
10万件以上 全国 年齢/経験問わず
職種、年齢、経験を問わず、10万件以上の求人からあなたに最も適したシゴトを提案してくれる転職支援サービス。 自分の経験を活かせる仕事がわからない、何から始めていいのかわからない等の不安や悩みを相談したい方にはピッタリ。 転職者満足度No.1の転職支援サービスです。
おすすめの記事